2017年

6月

24日

職人の手しごと展

高槻西武さん咲く屋、職人の手しごと展終了しました。

ありがとうございました。

32名の職人の手仕事が集まり、楽しい売り場でした。

次回は11月に開催予定です。 紀子

 

2017年

6月

02日

ヴァンヴの蚤の市


週末になるといろんなところで開催される蚤の市。 
場所によってお店の雰囲気が違って、毎回何かいいものが見つかるかなとワクワクします。 
    
先日、ヴァンヴの蚤の市へ行ってきました。    
 ディスプレイに凝ったお店や、ざっと並べただけのお店(それはそれで宝探しのようで楽しい) がずらり。

売られているものは食器や衣料、家具など。これはなんだろう?といったものも。

お店の方と話すのも楽しみのひとつ。   
やりとりをしているうちにもう〜しょうがないなといった顔で値段を下げてくれるムッシュ。

小さい頃からいろんな手づくり市に連れて行ってもらっていたので、昔からこう行った市や店主さんとのやりとりが好きです。  
 
この日は結局、ピアスなどを購入。 
店じまいの時間までいて、大満足で帰りました。  

                                                       圭子



0 コメント

2017年

5月

17日

Astier de Villatte

前回のブログに書いた寿月堂に伺った日、お店の方にアスティエ・ド・ヴィラットが近くにあるよと教えていただき、行ってきました。  
アスティエ・ド・ヴィラットはパリで唯一の陶器メーカーで、機械では生み出せない厚み、温かみ、職人的技法など、職人の残す「跡」を大切にし、代々受け継がれた技にアスティエのエッセンスをプラスして制作しているのだそう。
 
寿月堂からは歩いてすぐに到着。
店内いっぱいに並んだ器を見て、アスティエ・ド・ヴィラットの世界に引き込まれました。  

お店の方によるとルーブル美術館付近の店舗より、ゆっくり見ることができるとのこと。  

器以外にもキャンドルや文房具などもあり、ひとつひとつがお茶目で可愛いくて、思わず手に取りたくなるものばかり。
      
作り手の想いが詰まったハンドメイドのものは温かくてやっぱり好きだなと感じました。

                                             圭子











2017年

5月

14日

彩彩展

高槻 古鏡庵での、彩彩展が終了しました。
切り絵、刺し子、七宝、陶。
さまざまなジャンルの作家さんたちとの展示でした。   
さわやかな気候の時期にみなさんと彩彩展をすることができ、本当に感謝です。 
ひとつひとつ素晴らしい作品でした。 
お客様にも喜んでいただけていたらいいなと思います。 
ありがとうございました。             紀子                     

                                  






2017年

5月

07日

寿月堂


最寄り駅からリュクサンブールまでメトロに乗り、公園の中を通って寿月堂まで。
 
寿月堂は、海苔の老舗、丸山海苔店が日本文化の美しさと茶の心を世界に伝えるために始めたお茶ブランドです。

京都の窯元の器が並ぶ棚を、ガラス張りの外から道行くマダム、ムッシューが覗いていました。 

お店の方と話している間に、スーツを着た2人の男性が抹茶を飲みに入店。
横で私もいただいて、ほっこり。    
 
器の販売もされていて、フランスの方にも人気だそう。
パリで京都のやきものを見ることができて嬉しかったです。 



                                                     圭子